PLQ diary

Sony NEX (E mount) + adapter + old lenses

Sony NEX-7 + P.Angenieux Paris Retrofocus Type R1 35mm F2.5(Exakta mount)

f:id:HiroakiAndoh:20120202100831j:plain

f:id:HiroakiAndoh:20120202095700j:plain

f:id:HiroakiAndoh:20120202095820j:plain

Sony NEX-7 + P.Angenieux Paris Retrofocus Type R1 35mm F2.5(Exakta mount)

NEX-7発売日に買ってから出かける時には常に持ち歩いて、暇を見つけては撮っているのでだいぶ操作にも慣れ、機能面の深いところはまだまだだが、良いところ悪いところが見えてきた感じがする。

質感は事前にWebやカタログで公開された情報や写真を見る限り「高級路線」というか、これまでのNEX-5や3のコンパクトさだけではない、コンパクトであり同時に高級感もある感じを狙っていて、それがデザインや質感に現れているように謳われていた。事前に銀座のソニービルに行って触ってみればよかったのかも知れないが、確かに見た目はけっこう良い感じなのだけど、手に入れて実際に触ってみると「あれ?」という気がしてしまった。思ったより質感が安っぽく、手に取った時の手から伝わってくるモノがあまりない。富士フイルムが最近やっているX100とかX10とかのプレミアムカメラシリーズは、店頭に置かれているものをちょっと触っただけだが、カメラとしての質感は高かったような気がする。

NEXシリーズ従来のダイヤルの他に、2つのコントロールダイヤルがNEX-7から追加され、よく使う項目を割り当てできるのは最初かなり便利で、あまり操作性がよくないNEX-5や3に比べると段違いによくなったとは思う。ただ、ダイヤルの存在自体はいいんだけど場所のせいなのか、背面モニターを見ながら撮る時もファインダーモニターを覗いて撮る時もどちらも操作はしづらい。便利な機能なのにもったいない!

ファインダーモニターに関してはNEX-7公式サイトの主な仕様のところに視野率 100%と書いてあるが、ファインダーを覗いて撮って背面モニターで確認すると隅に余計なものが写り込んでいる、といったことが多々あり、100%ではない気がする。

かなり期待していただけに、手に取った時の「あれ?」という感じは非常に残念だったが、実用上致命的なことは特になさそうで、今後もどんどん使っていきたいカメラに違いはない。